ibsa

成功に重要な要素。それは、自分とのラポール。

投稿日:

成功に重要な要素は、自分とのラポールです。

ラポールとは、簡単に表現すると、信頼関係が築けた状態をいいます。

自分とのラポールとは・・・・

「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く今の自分」

この2者間でラポール(信頼関係)を築くことです。

成功するかどうか?成功し続けるがどうか?は、この2者の交渉と言えるでしょう。

「今までの自分」の賛同が得られないから、成功の行動をとり、その結果として成功の状態を手に入れることが出来ないのです。

「今までの自分」が力を発揮し、現状を築いてきました。

人は変化を危険ととらえますから、現状維持に力が働きます。

「今までの自分」が

変化は安全、変化すべき、成功すべきだ!と、

現状維持より変化によるメリットを求める力が上回った時に、人は動きだし、上回り続けた時に、成功するまで行動を継続するのですね。

「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が
WIN-WINの関係になること!

この関係を作ることができれば、成功は当然なのです。
そして、このWIN-WINの関係を作るのに、必要なことが、2者のラポール状態なのです。

 

 

 

 

 

 

 

この2者の交渉がどのようになれば、成功の道に進めるのでしょうか?

現状維持派の「今までの自分」が変革派の「成功を手に入れる未来を描く今の自分」にリーディング(誘

導)され、お互いに協力して、成功への変革を実行します。

リーディング(誘導)がうまくいくためには、リードする人が、相手とラポールをつくり、ラポール状態になっていることが重要です。

ラポールをするためには、ペーシングすることが有効です。
相手とペースを合わせる、息を合わせることです。

「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が
「今までの自分」と最初はペースを合わせ、認めます。

そして、ラポールが取れた頃に

リーディングをして、一緒に変化をしていきます。

今までの自分と、これから考える自分とが、協力して成功に向かうのです。

リーディングして、ラポール状態を作っていくのに、必要なものは・・・・

キャリブレーション(観察力)です。
自分とのラポールに向けて、まずは、脳内対話、内部対話のキャリブレーションをしてみましょう。

「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が、「成功する!」と自分の頭に問いかけると、

「今までの自分」はなんと答えるでしょうか?

その時に、自分の内部対話の傾向を観察していきます。

 

自分の脳内会話はどんな傾向にあるのか?

ポジティブな発言数をネガティブな発言数の割合は?

ポジティブな発言の強さは?
ネガティブな発言をする時の強さは?

成功に向けて歩みたいということに対して、
やらない言い訳や、引き留める理由がどれくらい発言されるでしょうか?

「成功を手に入れる未来を描く今の自分」が成功に向けた発言をしたら、
「今までの自分」とどんな対話が始まるのか?

傾向をつかむと、ペーシングするヒントが分かります。
傾向をつかみ、ペーシングするとラポールの状態を作りやすいのです。
ラポールの状態になれば、リーディング(誘導)し、変化できます。

今までの自分とこれから考える自分と協力して成功へ向かう準備を整えましょう。

成功には自分とのラポールが重要で、ラポールの状態を作るための一歩として、脳内会話をキャリブレーション(観察)する練習をしてみましょう!!

もっとくわしく知りたいなら

The following two tabs change content below.
かめきち

かめきち

かめきち

最新記事 by かめきち (全て見る)

かめきち塾ブログ内 人気記事ランキング

  • この記事を書いた人
かめきち

kamekichi364

-ibsa

Copyright© かめきち塾ブログ , 2019 All Rights Reserved.